評判のいい不動産会社でお気に入りの物件を探そう

インテリア
このエントリーをはてなブックマークに追加

親族に助けてもらおう

室内

住宅ローンの返済が滞ってしまうと、最終的には融資をしている金融機関が担保不動産である自宅を処分することになってしまいます。金融機関は返済猶予などの対応をしても返済の目処が立たない場合には担保不動産の処分を検討します。その手段には競売と任意売却があります。競売では自宅を第三者に強制的に売却されて、自宅を失うことになります。そのため、住宅ローンでは任意売却によって自宅を親族に購入してもらう方法が用いられるケースがあります。親族の支援が得られることが前提になります。住宅ローンの返済が困難になった人は、金融機関が同意する価格以上の金額で自宅を親族に任意売却して、その売却代金で住宅ローンを返済します。親族が自己資金で自宅を購入できる場合もあれば、借入金で購入する場合もあります。自宅を任意売却する人は登記上の自宅の所有権は失いますが、親族から賃借することによって自宅に継続して居住することが可能になります。様々な要因で住宅ローンの返済が困難になった場合には、金融機関に相談するとともに任意売却に関して親族に相談することが重要になります。親族にとっても大きな負担になりますので、誠実で丁寧な相談をすることが不可欠です。一般的には親子や兄弟姉妹などの近い関係の親族に任意売却するケースが多いです。任意売却後の賃料も最低限になることが多いので、親族にとっては不動産投資や運用ではなく親族に対する支援になります。